中央にベンチがある深草東児童公園

2007年12月10日

公園の中央には、お花見のシーズンに大活躍するテーブル付きのベンチがある、深草東児童公園の情報です。

中央ベンチがお花見シーズンに大活躍

公園の中央にある、石でできたテーブル付きのベンチ。これが桜が咲くお花見シーズンになると、酒盛りをしたり弁当を広げたりと、宴会用途に大活躍します。

中央のベンチが特徴の深草東児童公園

その他特徴

どの公園でもあるようなオーソドックスな遊具、ブランコ・すべり台・砂場・シーソーがありますが、これらは隅の方に追いやられていて、幅広いグラウンドがメインになっています。キャッチボールやミニサッカーなど、ちょっとした球技ができます。

ちょうど西浦町5丁目と6丁目の中心の場所

公園の場所は、ちょうど5丁目と6丁目の中心に位置していて、この付近に住んでいる子供達が遊んでいます。

公園に隣接している主な店舗は、5丁目の食品卸の森乃義、6丁目の喫茶店轟・餃子専門店福吉・和食のめん奉行・いしき米穀店・耳鼻咽喉科の大山医院があります。周囲にたくさんの店舗がある賑やかな公園です。

深草東児童公園の周辺情報

スポット情報

2007/12/10 08:16 PM

まだまだ駆け出しの京都もんネットをよろしくお願いします

京都のニュースを斜め読みする情報サイト、京都もんネットの片割れのサイトをよろしくお願いいたします。

関連記事

トラックバック0件

この記事に対するトラックバックURL:

この記事「中央にベンチがある深草東児童公園」を参照しているページの一覧