藤森神社の伝統行事、E馬神事E曲芸乗りをビチE撮影

2009年5月 7日

観衁EE注目を集める白馬京都市指定無形民俗文化財に名を連ねる「藤森神社駈馬」。この駈馬神亁E/rb>(かけぁEしんぁE/rt>)は室町時代には武官によって、江戸時代には武士めE術指南役などによって、E治時代からは藤森神社の氏子によって引き継がれてきました。この神事E冁Eは、下鴨神社の葵祭の前儀である流E馬とは少し勝手が違ぁE大陸方面の曲芸馬術E影響を受けたもEとなってぁEようです、E/p>

今年の5朁E日の子どもE日にも毎年恒例E行事が行われてぁEので、これをカメラに収めてきたとぁEわけです、E/p>

駈馬神事E技名を知り、さらに深くお祭りを楽しE

藤森祭で催される祭祀、E馬をよりディープに楽しEのであれば、Eruby>乗孁E/rb>(のりこ)が演じる技の名前を知っておきましょぁEE/p>

神事E始まりE時代行Eから

駈馬をEじめる前に、まず時代行Eを作って本場場に入場します。隊列E神官を先頭にして、その後ろに巫女・旗持ち・太鼓持ち・子供行Eが続き、この行事E主役である乗子がしんがりを務めます。乗子E先頭から、室町裁E、江戸裁E、現在裁EとぁE具合に、様、E時代に応じた裁Eを身にまとってぁEす、E/p>

今年の行事で室町裁Eを着てぁE乗子E、E馬のために仙台からはるEる来てぁEす、E/p> 駈馬神事E本馬場入場

馬に走るコースを学習させるための素駈け

曲芸を披露する前E下準備に、Eての馬で素駈けを行います。馬にスタート地点とゴール地点をおぼえさせるために、曲芸無しでコースを走らせるわけです、E/p>

これをきちんとこなしておかなぁE、Eはどこで停止してぁEか判らず、ゴール地点をオーバEランしてしまぁE能性がEてきます。そぁEると、E乗老Eも見学老Eも危険が及んでしまぁEす、E/p> 素駈けの様孁E/object>

素駈けの時でも馬の性格がモロに表れます。観客に目もくれずまっすぐ突っ刁E素直な馬、周囲の環墁EなじめずEれ込んでしまって全く走らなぁEリケートな馬など、さまざまでした、E/p>

横乗りは敵から身を隠すためE技

牁Eの鐁E/rb>(あEみ)に両足を乗せて、E刁EE体を馬体で隠しながら駁E抜ける技が横乗りです、E/p>

馬場の西側にぁE観客には、どのような仕絁Eで乗子が馬体E側面に張り付いてぁEのか、判りづらいと思います、E/p> 横乗りの様孁E/object>

馬体で身を隠す乗孁E /><br />乗子が鐙に両足を乗せてぁEところを、真横から撮影した写真、E/p>

<h4>鞍E上で送Eちする技が杉立ち</h4>
<p>敵の前で送Eちをしながら駁E抜けてぁE挑発技が、この杉立ちです。撮影地点から離れた場所で曲芸が行われたため、何が起こってぁEのか判りづらいです、E/p>
<object data=杉立ちの様孁E/object>

敵の矢に当たった振りをする技が藤下がめE/h4>

鞍E上からダラーンと送Eまにぶら下がって、敵の矢が命中した振りをする技が藤下がりです。この技も撮影してぁE場所から離れたところで行われたため、見づらくなってぁEす、E/p> 藤下がりE様孁E/object>

送Eりは後方の敵を観察し、味方に知らせる技

馬の進行方向とは送EE方向に体を向けて騎乗する技を送Eり、まはた地蔵とぁEます。この技で後方にぁE敵の様子を見ながら、味方に敵の動向を知らせます、E/p> 送Eりの様孁E/object>

落馬した乗孁E /><br />後ろ向きの態勢から允EE態勢に戻そうとした時に落馬した乗子、Ebr />観客席からは温かい拍手が送られた、E/p>

<h4>前傾姿勢で駁E抜ける技は手綱潜り</h4>
<p>敵の矢の中を、ものすごぁE傾姿勢で疾走するのが手綱潜りです。手綱で体を固定して、今にも落馬しそぁE前傾姿勢で眼前を通り過ぎてぁEます。技が披露されると同時に、観客席からは自然と拍手がわき起こります、E/p>
<object data=手綱潜りの様孁E/object>

一字書きとぁE技で味方に信号を送る

戦闘中に前線から後方に向かって信号を送りながら駈けて行く技が一字書きです。騎乗中に木の板にお習字します。本来は信号を書くEですが、お祭りEおめでたい席なので「左馬」や「寿」を書ぁE見せてくれます、E/p> 一字書きE様孁E/object>

一字書きで披露される左馬の斁EE /><br />今回の一字書きで披露されたEが、縁起物の「左馬」。見やすいように斁Eを拡大してぁEす、E/p>
<p><img class=

2009/05/07 12:57 PM

まだまだ駆け出しの京都もんネットをよろしくお願いします

京都のニュースを斜め読みする情報サイト、京都もんネットの片割れのサイトをよろしくお願いいたします。

関連記亁E/h3>

トラチEバック0件

こE記事に対するトラチEバックURL:

こE記事、Eem>藤森神社の伝統行事、E馬神事E曲芸乗りをビチE撮影」を参EしてぁEペEジの一覧