なかまはたまごかけごはんにこだわった定食屋

2008年1月 7日

アツアツの白ご飯に醤油でといた生卵をかけて食べるという、昔ながらの「たまごかけごはん」が食べられる和風の飲食店「なかま」の情報です。ごくごく一般的な定食屋のようですが、ご飯にかける卵に特別な物を使用しているこだわりのお店です。ご飯と卵におかずを付けて定食のできあがり!

メインはこだわりの卵

このお店の一番の特徴は、卵掛けご飯用の卵にスーパーなどで販売している安売りの卵などではなく、兵庫県の養鶏所から仕入れている、ビタミン類などの栄養価が高いおいしい卵を出すところにあります。

その卵は、化学飼料や抗生物質といったものを一切混ぜない選りすぐりの飼料と、ミネラル分を豊富に含んだ水によって育てられた鶏から生まれた物で、商標登録までされています。卵を割ってみると黄身の色が濃くて、白身もプルプルしています。

メニューは前述の卵かけご飯(白ご飯+卵+醤油+海苔)を軸として、焼魚や野菜炒め、そのほか煮物などの一品料理を組み合わせた定食がメインです。一品料理のおばんざい(おかずの京都弁ね。)の価格帯は、200円から300円程度で外食にしては非常にリーズナブルです。簡単にまとめてみると、こだわりの卵と豊富で安いお惣菜が、このお店の人気の秘密というわけですね。

たまごかけごはんが絶品の定食屋、なかま

場所はJAバンクの向かい側

西浦町5丁目にある、師団街道に面している金融機関「JAバンク京都伏見支店」の向かい側に今回紹介した飲食店があります。

ランチやディナーの時間帯は師団街道の交通量が激しいため、車でのアクセスは不向きで、もっぱら自転車やバイク、徒歩でお店に出向くことになります。

なかまの周辺地図

店舗情報

このお店はお昼前から開店して、深夜営業をして早朝営業もしてしまうという、ほぼ24時間営業と言っていいほどのぶっ飛んだ営業時間なので、深夜に仕事をしているタクシーやトラックの運転手さんも結構利用しています。深夜の師団街道は車の通りが少ないので、1~2台ぐらいなら路上駐車できてしまいます。深夜・早朝といった営業時間も人気の理由でしょうね。

2008/01/07 01:56 AM

まだまだ駆け出しの京都もんネットをよろしくお願いします

京都のニュースを斜め読みする情報サイト、京都もんネットの片割れのサイトをよろしくお願いいたします。

関連記事

トラックバック0件

この記事に対するトラックバックURL:

この記事「なかまはたまごかけごはんにこだわった定食屋」を参照しているページの一覧