小売店に並ぶ前の野菜が集まる山亀青果卸売市場

2008年1月15日

春先から冬場までの一年中、季節物の食材を小売店や飲食店に卸している市場(いちば)、「山亀青果卸売市場」の情報です。農家から持ち込まれた取れたての新鮮な野菜や果物が並ぶ場所で、業者は京都市中央卸売市場などと品質を比較して仕入れを行うようです。

農家から新鮮な食材が届く場所

この青果市場は、京都市及びその周辺地域の農家によって生産された新鮮な食材が届けられる場所で、食料品店のオーナーや外食産業のディーラーなどが品質を吟味して、自社の顧客のニーズに合致した野菜や果物を買い付けしています。夏場には京野菜を中心とする生鮮食料品が並びます。

ちなみに、市場が休業している年末年始には、伏見稲荷への初詣客に対して駐車場ビジネスが行われており、市場内部の倉庫が自動車で埋め尽くされています。このように、市場の業者には一年中休みがありません。

小売業者が仕入れに使う山亀青果卸売市場

場所はガソリンスタンドの向かい側

この市場の場所は、セルフ式のガソリンスタンド「Express(エクスプレス)伏見」の向かい側にあります。市場周辺には駐車場となるスペースが幅広く取られていて、師団街道からスムーズに進入することができます。

仕入れとは関係のない一般の方には、ここではなく、国道24号線沿いにある食品スーパー「業務スーパー」がおすすめです。以下の地図に示す通り、西浦町を挟んだ西側に店舗があります。この店舗も販売している生鮮食品の種類が豊富で、かつ、営業で使用しても支障がないほどの安い価格設定です。

山亀青果卸売市場の周辺地図

店舗情報

2008/01/15 01:25 PM

まだまだ駆け出しの京都もんネットをよろしくお願いします

京都のニュースを斜め読みする情報サイト、京都もんネットの片割れのサイトをよろしくお願いいたします。

関連記事

トラックバック0件

この記事に対するトラックバックURL:

この記事「小売店に並ぶ前の野菜が集まる山亀青果卸売市場」を参照しているページの一覧