ベジテジや深草店はサムギョプサルがメインの韓国料理店

2008年1月20日

豚の焼肉と共にチャンジャやキムチをゴマの葉で巻いて食べるという韓国料理、サムギョプサルが食べられる「ベジテジや」の情報です。日本で言うところの濁酒であるマッコルリがあり、お酒のラインナップにも韓国らしさが出ています。

メインはサムギョプサルという豚肉の焼肉

サムギョプサルの食べ方このお店のメイン料理は看板に書いてある通り、厚めにスライスした豚肉を焼いて、キムチなどの野菜の漬け物やチャンジャのような韓国流の珍味と一緒に、ごまの葉で巻いて食べるというサムギョプサルです。このサムギョプサルには特製のタレにつけ込まれた物や、赤白ワインに漬け込んだもの、それに、薫製した物などがあり、同じ豚肉でも様々な食感と風味を楽しむことができます。

あと、焼肉に使用する鉄板は斜めに傾いていて、お肉を焼いた時に余分な豚の脂が落ちる仕組みになっています。こういう形式の鉄板は深草周辺の鉄板焼きのお店や韓国料理店では見かけません。ベジテジや独自仕様の鉄板なのでしょうか。

メニューはサムギョプサル以外にも、辛味噌を使ったピビンバ「済州御飯」や、キムチやニラなどの野菜やトッポギなどのお餅類とともに豚肉を煮込んだチゲ料理「部隊鍋」などがあります。砕けた言い方をすると、前者は韓国風焼きめしで、後者は韓流ちゃんこ鍋ですね。

ドリンクメニューにはビールやチューハイなどのおなじみの物から、果実酒や韓国の焼酎、それに加えて、日本でいうどぶろく「マッコリ」もあります。マッコリのラインナップは、アワを使った濃厚な「粟マッコリ」や、黒豆を使用した甘みのある「黒豆マッコリ」など、多彩な種類が用意されているので酒好きはチャレンジしてみる価値があります。

サムギョプサル専門店のベジテジや深草店

場所は京阪電車の深草駅近く

このお店は京阪電車の深草駅の西側出入り口から、歩いて1分とかからない場所にあります。ちょうど深草駅の路地と師団街道が作り出す十字路の角地です。

店舗専用の無料駐車場はありませんが、師団街道から東方向に路地を入って、一番奥の深草駅西口のそばに有料駐車場があります。

ベジテジや深草店の周辺地図

店舗情報

この飲食店のオフィシャルサイトでは、このサイトで紹介した深草店の他に、祇園店の「菜豚屋」の紹介もしています。両方とも、カルビやビビンバなどのピリ辛の朝鮮料理がメインの店舗です。

2008/01/20 12:12 AM

まだまだ駆け出しの京都もんネットをよろしくお願いします

京都のニュースを斜め読みする情報サイト、京都もんネットの片割れのサイトをよろしくお願いいたします。

関連記事

トラックバック0件

この記事に対するトラックバックURL:

この記事「ベジテジや深草店はサムギョプサルがメインの韓国料理店」を参照しているページの一覧


[an error occurred while processing this directive]